寝違え・首の痛み

寝違えとは?│船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

 寝違えイラスト「寝違え」とは、睡眠中の寝返りや朝の起床時などで頚部が無理な体勢になった際に、頚部や肩甲骨周囲の激痛と運動制限を伴う急性の痛みのことをいいます。

重度のものでは、熱感を伴って頭を支えているのも困難になり、座っていることさえできないこともあります。

 

なぜ寝違えは起きるのでしょうか

慢性的な「肩こり」「首こり」がある方は、「寝違え」をおこしやすい傾向にあります。

それは、「肩こり」「首こり」の方は首や肩に感じる張り感や重だるさなどの「痛みの前駆症状」を見逃しがちになるため。

そのサインを見逃してストレッチを怠っていると、睡眠時の姿勢や起床時の体勢で柔軟性が低下した首や肩甲骨周囲の筋肉・軟部組織が損傷しやすくなり、痛みや運動制限をきたしてしまいます。

また、「頸椎や骨盤のゆがみ」が原因で、左右や前後の筋バランスが崩れてい状態が続いていると「寝違え」をおこす場合もあります。

寝違えを放っていませんか?│船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

「寝違え」を解消しないままでいると、各部に血流を充分に行き渡らせる事ができません。

そのため身体の各部は充分な酸素と栄養を得られず様々な不調が現れます。

「寝違え」を放置すると、本来の体調になるまでに時間も多くかかり、辛い生活を送ることになります。

船橋市 i-care鍼灸整骨院グループでは、寝違えが現れたら重くなる前に早めにお越しいただくようおすすめしております。

腕や手のしびれ・冷え

寝違えによって血流が阻害され続けると手足の指先まで血液を送る末梢血管が細くなったり、抹消神経の伝達が阻害されてしまうおそれがあります。

冬になると手足が冷えるものから、痺れ・痛みを伴うものまで様々です。

頭痛

寝違え後に頭痛を訴える方も多くいらっしゃいます。

寝違えは悪化すると首から肩甲骨周囲だけでなく、背部や後頭部の筋肉まで緊張して頭痛が発してしまう事があります。

椎間板ヘルニア

寝違えによって頸椎周囲の筋肉の緊張が高い状態が継続すると、頸椎の間にある椎間板が圧力がかかり、後方に突出して腕につながる神経を圧迫すると神経伝達障害が発生し、首から腕にかけての激しい痛みを伴う場合があります。

自己ケアは危険!|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

寝違えイラスト筋肉疲労冷えによる血流不足からくる 軽度の「寝違え」であれば、ストレッチやお風呂に浸かるなどの血流の改善を図ることで解消できます。

ただし、熱感を伴う靭帯損傷軟部組織に異常があるような重度の「寝違え」場合には、ストレッチなどによって症状が悪化する場合もあるため、無理な運動は控えて安静にしたほうがよいでしょう。

軽度のものは数日以内に解消しますが、痛みが強いまたは回復しない場合、手足のしびれや感覚障害などの不調を伴う場合は早めに医療機関や整骨院に行き、施術を受けられたほうが早期に回復することができるでしょう。

寝違えや首の痛みを起こさないように、日頃からストレッチを心がけ、半身浴などで身体を冷やさないよう心がけましょう!

船橋市 i-care鍼灸整骨院グループの寝違え施術の流れ

まずはカウンセリングでお身体の状態を確認します

『寝違え』は、「首こり」「肩こり」「筋肉疲労」「冷え」「背骨のゆがみ」などで首や肩の柔軟性が低下した方に多くみられますが、他にも様々な要因が考えられます。
なぜ寝違えが起きやすい身体になっているのか、お客様のお体の状態を確認し、「分かりやすく・丁寧に・ご納得頂けるまで」ご説明致します。

痛みを取り除いてから、筋肉のバランスを整えます

船橋市 i-care鍼灸整骨院グループでは、マッサージだけを行うのではなく、熱をもつような重い状態の場合、アイシングを行い炎症をおさえます。
ある程度熱感が取れたら、電気を使いご自身で回復できる力をつけ、施術の変化を促進します。
中度~軽度の寝違えであれば、干渉波などの電気施術で筋肉を緩めるとともに血流を回復して施術の変化をみていきます。
状態にもよりますが、寝違えに関連する経絡ツボや神経根神経の出口をダイレクトに刺激したり、急性の重度の寝違えであれば痛みを感じない体勢(横向きや仰向け)で頚や肩、胸部の筋肉を緩めて筋肉のバランスを整えます。
これらの手技で、筋肉の過緊張状態を解消して可動域を広げ、辛い痛みを和らげます。

オリジナル手技「つかだ式背骨矯正

施術写真05

『寝違え』によって「頚や肩、背骨のゆがみ」がでてしまった場合には、身体の柱となる背骨のゆがみを正すことで寝違えは早期に回復します。
i-care鍼灸整骨院グループ独自の「つかだ式背骨矯正」でこのズレを取り除き、神経・血管の流れを正常に戻すことで『瞬時に可動域を広げ、痛みを鎮める』ことができます。
さらに船橋市 i-care鍼灸整骨院グループでは、急性期でなければ、身体の柱である「背骨」に対して土台となる「骨盤」もチェックします。
骨盤のゆがみが背骨のゆがみの原因にもなりますので、「つかだ式骨盤矯正」も合わせて行うこともご提案することがあります。

血流促進のために「鍼灸」もおすすめです

施術写真03血流障害や軟部組織の損傷が考えられる寝違えに対しては、鍼灸をご提案する場合があります。
鍼灸で経絡ツボや神経根神経の出口を刺激することで免疫力を向上し、張りの強い筋肉をより効果的に緩めます。

施術にプラス、ご自宅のケアをアドバイスします

施術写真04初回の施術で寝違えを可能な限り回復していきますが、ご自宅のケアも必要になります。
船橋市 i-care鍼灸整骨院グループでは、寝違えが早期に回復して痛みのない生活が送れるように、お客様のお身体にに合わせた日常生活上の姿勢やストレッチ、トレーニングなどもご提案しています。

背骨・骨盤運動施術機器

施術写真03船橋市 i-care鍼灸整骨院グループでは、寝違えの状態にもよりますが、施術可能な方には最後に運動施術機器「WAスイング」を行います。
緩やかな捻りの動きで背骨や骨盤を調整し、しっかりと神経の促通や血行を促進して、痛みを鎮めます。