腰のしびれ

  • 立ち仕事やデスクワークで腰が痛くてつらい
  • 病院で坐骨神経痛・へルニアと診断されたことがある
  • 寝ても起きても腰が痛い
  • 痛み止めの薬や湿布が手放せない
  • お尻から足にかけてしびれる

当てはまるなら要注意!ガマンしないで相談してください!これらはヘルニア・坐骨神経痛による不調です。

当てはまることが一つでもあったのなら要注意!

つらい痛みをガマンし、放置してしまうことはとても危険です。

船橋市 i-care鍼灸整骨院グループまで今すぐご相談ください!

ひどくなる前に、船橋市 i-care鍼灸整骨院グループにご相談ください!

ヘルニアや坐骨神経痛を放っておくとこんなことになってしまう恐れがあります。

それは、歩くことが困難になってしまうくらい痛みがひどくなることです。

ヘルニアや坐骨神経痛によるひどい痛み、しびれが原因で歩行困難な状態になってしまう方は珍しくありません。

腰の痛みをかばうため、不自然な姿勢で生活を送ることで、より一層痛みがひどくなる負の循環に陥ってしまいます。

身体のバランスを正常な状態に戻さない限り、さらに腰痛が悪化することになってしまうのが、ヘルニアや坐骨神経痛の恐ろしいポイントの一つです。

ヘルニアや坐骨神経痛が悪化すると手術が必要になってきます

つらい不調を抱えながらも、施術をせずに放置してしまうと、最悪の場合は手術をしなければならない状態まで悪化する恐れがあります。

また、ヘルニアや坐骨神経痛の状態が長期化すると、痛みだけでは留まらず、感覚障害や筋力の低下など神経関係の違和感が現れる場合もあります。

足がしびれ、力が入りにくくなってしまうと日常生活に支障をきたしてしまうでしょう。

こんな風になってしまう前に、一日でも早くヘルニア・坐骨神経痛の施術を始めましょう!

健康な状態に戻るまでi-care鍼灸整骨院グループが全力でサポートいたします。

その違和感は、ヘルニア・坐骨神経痛ですか?│船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

病院で診断されてしまった脊柱管狭窄・ヘルニアを手術なしで治して、快適な日常生活を取り戻しましょう!

i-care鍼灸整骨院グループには「病院でヘルニア・坐骨神経痛と診断されたけれど手術をしたくない」と来られるお客様が数多くいらっしゃいます。

しかし、詳しくカウンセリング、検査をすると、ヘルニアだと思っていた不調が実は、腸腰筋が硬くなっていたことが理由で、神経にトラブルが起きていたというケースがありました。

筋肉や神経に異常があったとしても、レントゲンやMRIには映りません。

その事実に気づかないまま手術を受けてしまうと手遅れになってしまいます。

手術を受ける前に、i-care鍼灸整骨院グループにご相談ください。

船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ|ヘルニア・坐骨神経痛施術

i-care鍼灸整骨院グループではヘルニア・坐骨神経痛の回復のために複数のアプローチをおこないます。

分かりやすいカウンセリング・説明

ヘルニア・坐骨神経痛はさまざまな要因が複雑に絡み合い、引き起こされています。
まずは原因をしっかりと見つけ出し、お客さまのお身体の状態に合わせた治療方針を作成します。
今後の日常生活の過ごし方、費用などについても、分かりやすくご説明させていただきます。

電気とオリジナル手技

独自の手技であるダイレクトストレッチにより、関節の間から出てくる神経の出口の筋肉を伸ばし、神経の正常な促通を促します。
坐骨神経ライン上の筋肉は、腰から足のウラまで繋がっており、そこの緊張をしっかりととることにより、つらい痛みを抑えていきます。

「つかだ式骨盤矯正」

ヘルニア・坐骨神経痛は原因となる筋肉・神経以外にも、身体の土台となる骨盤を矯正で整えることにより、血行、神経の流れを改善していきます。
骨盤のズレを整えることで坐骨神経の圧迫を軽減できるため、緩和させることができます。