オスグッド

オスグッドの特徴は?|船橋市i-care鍼灸整骨院グループ

繰り返し使いすぎることによって生じる「スポーツ障害」には、オスグッドやシンスプリント、野球肩、腰痛(筋膜性腰痛や分離すべり)、ジャンパー膝、テニス肘、ゴルフ肘などが挙げられます。

なかでも『オスグッド』は、運動をしている小・中学生(10~15歳)に非常に多い膝の症状で、「成長痛」の一つです。

特に、膝の痛みは膝蓋骨(膝のお皿)下2~3cmの骨の隆起部(脛骨粗面)に感じ、運動後に腫れや熱感を生じます。

悪化すると骨の隆起部がはがれて剥離骨折することもあります。骨の成長に伴って痛みは落ち着き、高校生になるころには違和感を感じなくなることがほとんどですが、膝の膨らみはそのまま残ってしまうことが多い症状です。

特徴として、膝のお皿の下の隆起部(脛骨粗面)に、

  • 熱感、圧痛、腫脹などがある
  • 痛みで正座やしゃがむことができない
  • ジャンプや走行時に痛みがある

などが挙げられます。

なぜオスグッドは起こるのでしょうか?

『オスグッド』は10~15歳の成長期の小・中学生に多い症状で、「ジャンプやボールを蹴るスポーツのオーバーユース(使いすぎ)」と「大腿四頭筋などの柔軟性の低下」で発生やすくなります。

膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)は、大腿(もも)前面から膝蓋骨(膝のお皿)を経由して脛骨粗面(痛みの出る場所)に付着します。

骨の成長に膝周囲の筋肉や腱の成長が追いつかな状態で、ジャンプやボールを蹴るなどの膝を伸ばす動作を繰り返すことで、患部が牽引されて痛み(熱感・圧痛・腫脹・発赤・機能障害)が起こり、さらに悪化すると軟骨部がはがれて(剥離骨折)さらに痛みが強くなります。

「オスグッド」に多いスポーツ

・サッカー ・バスケットボール

・バレーボール ・陸上競技 など

自分で出来るオスグッド解消法|船橋市i-care鍼灸整骨院グループ

オスグッドは、ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性が低下している状態でおこりやすくなります。ストレッチで関節の可動域を向上し、筋肉の柔軟性をUPしましょう。

痛みがないようにする対策として大事なことは3つ。

①日々のストレッチと入浴

・練習前後にはしっかりと、「呼吸を止めずに」「痛い!と感じない心地よい範囲で」行いましょう!

・湯船にはしっかり浸かりましょう。湯上りのストレッチもおすすめです。

・特に、ももの前後にある「大腿四頭筋」と「ハムストリングス」を伸ばしましょう!

②運動時のテーピングやサポーター

③運動後のアイシング

・できるだけ早めに10分間、氷水で冷やしましょう!

これらの対策を行っても良くならない場合は、お早めに船橋市i-care鍼灸整骨院グループにご相談ください。

船橋市i-care鍼灸整骨院グループのオスグッドに対するアプローチ

「i-care鍼灸整骨院グループ」の『オスグッド特別施術』には、船橋市内だけでなく千葉県内(鎌ヶ谷・松戸・白井・柏・市川・習志野・八千代・千葉市など)からも多数ご利用いただいています。

私たちは、練習をしながら回復していくことを第一に考えており、「オスグッドに特化した治療法」でほどんどの方が初回の施術で屈伸ができるようになります。
(3~5回で80%以上のお客様が痛みなく競技復帰しています。)

「分かりやすいカウンセリング・説明」

船橋市i-care鍼灸整骨院グループでは、まず患者様にお話をしっかりお聞きします。

いつ、どのようにして痛めたのか?を確認し、どうすると痛みが出るのか?といった現在の症状を検査していきます。

痛みの原因は本人が分からない場合もありますので、トレーニング量の変化や身体の柔軟性、身体の使い方をチェックして原因を探っていき、「分かりやすく・丁寧に・ご納得頂けるまで」ご説明致します。

「オリジナル手技施術」

船橋市i-care鍼灸整骨院グループ独自のダイレクトストレッチにより下肢(股関節から足まで)の筋肉の柔軟性を高めて可動域を広げ、患部への負担を減らします。

さらに当院には、お子さんや親御さんがみな驚く「オスグッドに特化した手技」で、痛くて曲がらなかったりしゃがめなかった膝がその場で曲がる様になります。

「つかだ式背骨矯正

施術写真05

腰などに痛みなどの自覚がない方でも、身体の柱である「背骨」に対して土台となる「骨盤」もチェックします。

骨盤のゆがみが背骨のゆがみの原因になりますので、「つかだ式骨盤矯正」も合わせて行うことをご提案します。

※船橋市i-care鍼灸整骨院グループでは、お子様からお年寄りまで安心してご来院して頂いけます。様々な矯正や調整をご用意してお待ちしております。施術が怖い方、苦手な方も気軽にご相談ください。

「ストレッチ&テーピングのアドバイス」

大腿前面(大腿四頭筋)などの柔軟性を高めることが一番の大切ですので、施術だけでなくストレッチ指導にも力を入れています。
股関節、膝、足首の柔軟性や筋力の低下で、大腿四頭筋の負担を高めてしまいますので、全身のストレッチやトレーニング指導もしています。
さらに、包帯やテーピングをして大腿四頭筋のサポートをして脛骨粗面への牽引力を減らします。
 

千葉県唯一「WAスイング」

船橋市i-care鍼灸整骨院グループでは、ストレッチやトレーニングのあと、最後に千葉県唯一の運動機器「WAスイング」を行います。

緩やかな捻りの動きで背骨や骨盤を調整し、神経の促通や血行を促進して痛みを鎮めます。

※上記の施術で『オスグッド』の痛みを早期に回復し、再発しない身体づくりを目指します!