テニス肘・ゴルフ肘

テニス肘・ゴルフ肘について│船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

テニスでバックハンドの際に肘の外側に痛みが出やすいことから、一般的に『テニス肘』といわれる「外側上顆炎」

テニスプレイ中やプレイ後に肘の外側(やや上)に痛みを訴えます。

また、テニスをしない主婦の方やデスクワークの方にも多くみられます。

特徴として、「圧痛」のほか「手首の運動」「肘の曲げ伸ばし」「雑巾を絞る」「物を持つ」「字を書く」「箸を持つ」などの動作で痛みを訴えます。

近年では、デスクワークでキーボード入力の際に手首を背屈(上に反る)させている方にも多くみられ、直接クーラーで肘付近が冷えて痛みが強くなることもあります。

また、ゴルフでスイングした際に肘の内側に痛みが出やすいことから、一般的に『ゴルフ肘』といわれる「内側上顆炎」

テニスのフォアハンドや野球の投球などでも多くみられます。

なぜテニス肘・ゴルフ肘になるのでしょうか|船橋市i-care鍼灸整骨院

「テニス肘(外側上顆炎)」の原因は、テニスのバックハンドで肘の外側から手首にかけてつながる前腕の伸筋群のオーバーユース(使いすぎ)で起こることが多く、特に中指につながる短撓側手根伸筋の使いすぎによって発生します。

また、デスクワークなどのパソコン作業で手首を上にあげて入力をしている、紙をめくるような動作が多い、筆圧が高い、エアコンなどで腕が冷えやすいなども痛みのでる原因になります。

「ゴルフ肘(外側上顆炎)」の原因は、ゴルフのスイング時にクラブを地面に打ち付けた肘に力が入り過ぎているなど、肘の内側から手首にかけてつながる前腕の屈筋群のオーバーユース(使いすぎ)で起こることが多く、手首につながる撓側手根屈筋・尺側手根屈筋や肘を曲げたり捻ったるする円回内筋などの使いすぎによって発生します。

テニス肘・ゴルフ肘からくるさまざまな不調|船橋市 i-care鍼灸整骨院

肘の痛みとしては、「テニス肘」「ゴルフ肘」のほかに、スポーツ障害では、「野球肘」「疲労骨折」「しびれ・筋力低下」転倒などの外傷では、「肘内障(子供の肘の脱臼)」「靭帯の損傷」「骨折」「脱臼」

などが考えられます。

自分で出来るテニス肘・ゴルフ肘解消法

「テニス肘・ゴルフ肘」は使い過ぎだけでなく、使い方が悪い方(負担がかかる使い方)に発症しやすいため、まずは日常生活で何をしている時に痛みがでるのかを把握することが大切です。

「テニス肘」では、肘を伸ばして中指を上にあげたり、手を握って手首を上げて(または上げる手や指に抵抗を加えて)肘の外側に痛みが出るようであれば、痛みがでる動作をなるべく避ける・痛まない使い方を心掛けましょう

例えば、パソコン作業では手首が背屈しない(手首を上にあげない)、筆圧を下げるためにグリップを太くする、物を取るときに手のひらが下にならないようにするなどが挙げられます。

そして、腕や手首まわりのストレッチがとても大事になります。手首から腕の筋肉の柔軟性が低下してくると、肘にかかるストレスが強まり痛みを強くします。

また、冷やさないで温めることも大切です。

クーラーなどが直接当たる環境でも不調は起こります。保温性の高いサポーターや入浴等もお勧めです。

前腕伸筋の動きを抑えて負担を少なくするサポーター(エルボーバンド)も効果的です。

肘にでる不調は、慢性化すると回復までに相当の期間を要しますので、肘の痛みでお困りの方はお早めに船橋市「i-care鍼灸整骨院グループ」にご相談ください。

船橋市 i-care鍼灸整骨院グループならではのテニス肘・ゴルフ肘へのアプローチ方法

カウンセリングと検査で痛みの原因を探ります

『テニス肘・ゴルフ肘』の症状は、テニスなどの運動時だけでなく、使い方によっては家事やデスクワークでも起こります。
i-care鍼灸整骨院グループでは、徒手検査で不調を確認した後、痛みの出る原因を見つけ出します。
そしてお客様のお体の状態と施術方針を「わかりやすく・丁寧に・ご納得頂けるまで」ご説明致します。

電気施術や手技を組み合わせた施術内容

施術写真01

痛みがある部分に、熱感がなければ、血流促進するためにパラフィン浴という温熱でのアプローチを行います。これはお湯で温めるのとは比べものにならないくらい温まります。汗が吹き出る方も多いです。

その後、電気施術で肘や関連する筋肉を緩め、オリジナルの手技で腕や肘周囲の筋肉のストレッチし、さらに手首や肘関節のゆがみを調整したり、肘に関連する神経の伝達をよくするために首や肩関節の矯正なども必要に応じて行います。

手技や矯正後は、痛みがよくなっていることを実感して頂けます。

すぐ痛みから解放されたい!そんなときは鍼灸がおすすめ

施術写真03「温灸」「置鍼」などで免疫力を上げるとともに、張りの強い筋肉をより効果的に緩めて痛みを回復します。
肘周囲だけでなく、関連する首や肩に行うこともあります。
 

施術後には運動方法をアドバイス

施術写真05

テニス肘・ゴルフ肘はすぐに良くなるものではありません。

使い過ぎよりも、使い方がとても重要です。

ストレッチやトレーニング指導はもちろん、使い方をしっかりアドバイスをすることで、何をしても良くならなかったテニス肘も回復してきております。

千葉県で唯一受けられる施術法を、取り入れてます

施術写真03

船橋市 i-care鍼灸整骨院グループでは、施術の最後に「WAスイング」という機械を使った施術を行います。

緩やかな捻りの動きで背骨や骨盤を調整し、効果的に神経の促通や血行を促進して痛みを鎮めます。

船橋市「i-care鍼灸整骨院グループ」では、お客様一人一人に合わせたオーダーメイドの施術で、『テニス肘・ゴルフ肘』の痛みを改善し、さらに再発しない身体づくりを目標に施術を行っています。

テニス肘(外側上顆炎)でお困りの方は、是非船橋市i-care鍼灸整骨院グループにご相談ください。