様々なむちうちの状態

むちうちとは│船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

むちうちは、交通事故後でよくみられ、おもに自動車運転中に後方や側方から追突されたり急停車にすることによって、首が鞭(むち)のようにしなるために、首の痛みを主として様々な不調が現れます。

また、むちうちは自動車事故のほかにも、スポーツ傷害労働災害(労災)によっても起こることが多くあります。

むちうちのさまざまな状態|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

頸椎捻挫型

頸椎の周りの身体や筋肉、軟部組織の損傷で多くみられ、むちうちの70~80%を占めます。

脊髄には損傷はなく、はっきりした神経症状(知覚異常、筋力低下など)はないが、「手のしびれ」「だるさ」などの自覚できる不調があります。

首や肩の痛み」は伸ばすことで強くなり、「可動域が制限」されることもあります。

神経根型

頸椎の中には、脊髄と神経根という神経が通っています。

脳から下りてきた脊髄は、頸椎の神経根を介して手につながる神経が出たり、そのまま足へ下りていきます。

頚椎症性神経根では、脊髄から外へ出てきた神経根が圧迫されることで、頸から肩、腕、指先にかけての「しびれ」「痛み」手が動かしにくいなどの上肢や手指の「筋力低下」「麻痺」などの不調が出てくることもあります。

足へ向かう脊髄は圧迫されていないため上肢の不調だけが出てきます。

バレリュー型

「後部交感神経症候群」ともいわれ、自律神経が正常に機能しなくなることで、「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「吐き気」「発熱」「倦怠感」「動悸」が現れます。

船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

i-care鍼灸整骨院グループのむちうち(頚部捻挫)は、こちらをご覧ください→「むちうちについて」

『むちうち』による、「吐き気」「めまい」「しびれ」「目のかすみ」「冷え」「頭痛」などは小さな症状でも危険です。

これらの不調が現れたらお早めに、船橋市i-care鍼灸整骨院グループへご相談ください。