腰の痛み

腰痛のタイプ|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

国民の八割が経験するといわれる腰痛。

腰にぎこちない違和感や我慢できる程度の痛みを伴うものから、全く動けなくなる程の激しい腰の痛みが伴うものまで様々です。

また、腰痛は痛みだけではなく、発症すると常に腰を気にかけなければならない不安がつきまとい、患者様にとって大きなストレスになります。

何気ない動作から常に腰をかばう生活が続くと、次第に「背骨や骨盤のゆがみ(疼痛性側弯)」が生じ、姿勢に影響が現れ、肩こりなどの症状も出やすくなります。

腰痛の2つのタイプ

慢性型腰痛

腰の痛みが長期にわたって続き、腰の曲げ伸ばしや長時間の同姿勢によって痛みがあります。

身体の奥に響くような鈍痛や、重み、張り、こり、不快感などを伴い、鈍い痛みがだらだらと続いたり、収まったり強くなったりを繰り返す場合もあります。

 

急性腰痛

いわゆるぎっくり腰のことを指します。

重い物を持ち上げた時や物を拾うために腰をかがめたときなど、不意な動きによって「ミシッ」、「ビキッ」といった突発的な激痛で身動きが取れなくなってしまいます。

多くは加齢や肉体酷使による腰椎の負荷により、ちょっとした動きによって部分的な損傷が起こり、大きな一撃のような強い痛みを生じます。

場合によっては急性腰痛症を繰り返したり慢性腰痛に移行してしまうこともあるので、しっかりとケアすることが大切です。

腰痛の背景には、体力低下を無視した無理な動作や、腰に過度の負担をかけた中腰での頻繁な動作などが挙げられます。

そのため、長時間のデスクワークで同じ姿勢を続けている方や、重い物を持ち運びする肉体労働の方は腰へのケアが特に必要です。

その他、心的ストレス、感染症、女性の場合は妊娠・出産による骨盤のゆがみなど、腰痛には様々な原因が考えられます。

上記のように腰痛の症状・原因は多岐に渡ります。

放っておくことで痛みが悪化してしまうものもありますので痛みを感じたら早めに専門家を受けられてください。

i-care鍼灸整骨院グループでは様々な腰痛に対応しておりますので、お悩みの際はご相談ください。

腰痛の原因とぎっくり腰|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

腰周囲の筋肉は同じ姿勢前かがみ動作などで血行不良をおこして疲労物質を溜めやすく、そのため筋肉は栄養を充分に得ることができずに腰痛を引き起こしてしまいます。

腹筋や背筋などは姿勢を維持する筋肉(姿勢維持筋)であるため、これらの筋力の低下背骨や骨盤のゆがみを起こしやすく、腰まわりの神経を圧迫する腰痛の原因になります。

慢性腰痛症と診断される腰痛はその典型的な不調で、筋肉のコリによる痛みや神経圧迫による痛みなど様々です。

また、急激に重いものを持ち上げたり、不意な動きで腰まわりの筋肉・神経へ急激な圧迫や緊張を起こす事で急性腰痛症(ぎっくり腰)を引き起こす場合もあります。

急性腰痛症は、激痛が伴うショック状態に陥る事から、安静が第一とされます。

腰痛を引き起こす原因となる主な動作|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

  • 長時間の前かがみ動作・同姿勢
    デスクワーク・長距離運転・立ち仕事・スポーツなど
  • 背骨や骨盤のゆがみ
    猫背・反り腰・脚を組む癖・片方の足に体重を預けて立つ癖など
  • 運動不足 
    階段の昇り降りが辛い・歩いているとすぐに疲れる・電車の中で立っていることが辛い

上記のような事柄が腰痛を引き起こす主な行為となります。

無意識に行ってしまっている体の癖や生活習慣による偏った体の使い方が一部の筋肉の酷使となり、筋肉疲労として日々蓄積されたものがやがて腰痛として表れます。

また、先にも延べているように筋力の低下も腰痛の原因となるため、運動不足も腰痛の原因として挙げられます

腰痛はヒトであるがゆえの宿命?|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

人間は2本足で歩く動物です。

そのため、背骨は頭から上半身までの重みを全て支えなければいけません。

背骨を地面に対する柱のように不動のものとして考えると安定して支えることができますが、人間の場合、背骨という柱がかがんだり座ったりなどの動作で常に不安定な状態にあるため、腰にかかる負担がとても大きく、腰痛は大小あれど避けられない宿命と言っても過言ではありません。

日頃から腰痛を予防する意識をもつことが大切です。

できるだけ腰にかかる負担を減らすには、上半身の筋力や関節の柔軟性を維持することが大切です。

ストレッチやウォーキングなどの運動を少しずつでも生活に取り入れていきましょう。

日々の生活で全く運動していなかったり加齢で筋肉や関節が固くなってしまっている場合は、急な運動は急性腰痛を引き起こしてしまう恐れがあるので無理をせず、身体を徐々にほぐしていくように運動を行いましょう。

腰痛からくるさまざまな不調|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

腰痛は疲労物質となる乳酸が腰周りに溜まった状態になります。

硬直した筋肉が痛みと張りを生み出します。

そのままにしておくと、患部はますます凝り固まり、身体を支える事が出来なくなり椎間板ヘルニアや坐骨神経痛といった症状を引き起こすおそれがあります。

椎間板ヘルニア

椎骨の間にある椎間板が過度の負担によってはみ出した状態になります。腰から足先にかけた痺れや痛みがあり、筋力の低下も懸念されます。

腰部脊柱管狭窄

脊柱を通る神経根(もしくは馬尾)が圧迫され狭まった状態になります。痺れによって長時間の歩行が困難になる事が特徴です。

坐骨神経痛

腰椎にズレが発生し末梢神経を圧迫した状態になります。末梢神経は腰からつま先まで伸びているため、圧迫されると足先にまで電気が走るような痺れが伴います。

分離すべり・変形すべり

過度のスポーツによる腰椎の骨折や、加齢によって背骨を支えられなくなったことにより腰椎が分離してしまう状態を分離すべり症と呼びます。

また、腰椎のあいだにある椎間板が老化によって変形し、それによって腰椎がずれてしまう状態が変形すべり症です。

腰を反らせたり曲げることによって神経が刺激され、腰痛や足の痛みやしびれを伴います。

変形性腰椎

加齢により、椎間板や関節、靭帯が劣化して弾力性がなくなり、骨と骨のあいだが狭くなることで腰椎が不安定になり、周囲の神経が刺激されることで痛みを生じます。

寝返りをする、立ち上がるときなどの動作の初めに強い痛みが走ることが特徴です。

自分で出来る腰痛解消法|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

ぎっくり腰のように一人で歩くのもつらい急性腰痛症の場合は、安静が第一の施術法となります。

このような場合には、痛い側を上にして横になり、膝の内側にクッションなどを挟んで安静にし、患部に熱感を伴うようであれば氷のう(氷水)などでアイシングをしましょう(1時間毎に10分程度)。

寝返りもつらい場合には、コルセットがあれば軽めに巻いて寝ていてもよいでしょう。

熱感がなく一人で歩ける程度の腰痛であれば、痛みのない範囲でストレッチや体操をして筋肉の柔軟性を改善しましょう。

腰痛を抱えたまま腰を庇う生活を続けると疼痛性側弯や筋バランスが崩れて、背骨や骨盤のゆがみが生じてしまいます。

お困りの際は船橋市 i-care鍼灸整骨院グループまでお気軽にご相談ください。

腰痛予防ストレッチ(1)

船橋市 i-care鍼灸整骨院グループの腰の痛みへのアプローチ

カウンセリングと施術内容のご説明

カウンセリング腰痛は日常生活の過ごし方から運動での使い方まで、いろんな原因で起こります。
まず、お客様のお話を伺い、状態を確認してから姿勢や生活の中での使い方をアドバイスし、施術内容を分かりやすく丁寧にご説明いたします。

ダイレクトストレッチで筋肉にアプローチ

収縮して柔軟性が低下している筋肉を、ダイレクトストレッチでゆるめます。この施術では、ツボや神経に刺激を入れ、筋緊張をほぐします。
腰椎骨盤離開法という、i-care鍼灸整骨院グループ独自の施術で血液や神経伝達を解消します。
すぐに変化がみられるため、「魔法にかかったみたい!」と喜ばれるお客様がたくさんいらっしゃいます。

「つかだ式骨盤矯正

施術写真05背骨や骨盤のゆがみにより体のバランスが崩れてる方には復元力を利用したダイナミックな矯正を行います。
土台である背骨・骨盤を正しい位置に戻す事で筋肉や関節にかかる負担を軽減すると同時に人間の持っている自然治癒力を最大限に回復させます。

鍼灸も取り入れています

手技後、状態に応じて鍼灸を行います。
筋の硬結部位やツボ、神経の出口に鍼灸を施す事で血流改善、免疫力UP、鎮痛作用、シビレの緩和、自然治癒力を高める効果があります。

施術後には、ストレッチ・トレーニングのアドバイス

施術後、再度同じ痛みが出ないように、ご自宅でもできるようなストレッチやトレーニングをご提案しています。
腹筋が低下から姿勢が悪くなってる方には、簡単に行える呼吸法やバランス調整などでコルセットの代わりとなる筋肉(インナーマッスル)を強化して腰を安定させます。
また股関節を中心としたストレッチで筋肉の柔軟性を高め、左右の筋バランスを保って背骨や骨盤のゆがみが生じないようにしていきます。

更に変化を持続させるために

施術写真03最後に、子供から高齢者まで行えるの運動施術機器「WAスイング」で背骨や骨盤をゆるやかに正しい位置に調整することで、末梢への血液循環や神経伝達を促進して関節の可動域を広げ、身体を良い状態に導きます。