腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは?|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

腰椎椎間板ヘルニアとは、5つある腰椎の間隔が何らかの要因で狭くなることで、腰椎から仙骨の間にある軟骨の椎間板がつぶされて圧力がかかり後方にはみ出した状態をいいます。

椎間板とは?

 腰椎は5つの椎骨が積み重なってできていて、その下に仙骨という骨が位置する構造になっています。

その椎骨の間には、水分が多いゲル状の軟骨でできた椎間板が存在し、クッションの役割をしています。

また、椎間板は脊柱を前後左右に曲げる動きを滑らかにする役割をしています。

この椎間板は、年齢とともに水分が減少して薄くなり、椎間板ヘルニアだけでなく、椎骨の隙間から出る末梢神経が圧迫されて坐骨神経痛や、椎間をつなぐ部分に炎症がおこり椎間関節を引き起こすこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアになるとどうなるの?|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

腰椎の隙間が狭くなり、椎間板がつぶされて後方にはみ出して坐骨神経を圧迫・牽引されることで、足へつながる坐骨神経を圧迫し、腰から足にかけてのしびれ・痛みなどの坐骨神経痛をおこしやすくなります。

椎間板ヘルニアは、徒手検査で可能性を確認することができますが、症状が重い場合にはMRIやCTなどの画像をもとに確定診断を行います。

レントゲンでは椎間板は写らないので診断は難しく、椎間板ヘルニアの可能性や、軽度の椎間板ヘルニアと診断されます。

交通事故での腰椎椎間板ヘルニア|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

椎間板が後方にはみ出したからといって坐骨神経痛などの不調が現れない場合も多いのですが、交通事故などの強い衝撃によって椎間板がさらにつぶされて坐骨神経などの抹消神経を圧迫し、足へのしびれや坐骨神経痛の痛みが出現することがあります。

椎間板ヘルニアは5つある腰椎のうち腰椎4-5間、腰椎5-仙骨間の順に起こりやすく、20歳代の男性に多いといわれています。

主な特徴は、片側性で腰から脚にかけての激しい痛み神経痛・知覚障害・筋力低下・腱反射低下などがあり、痛みが強い場合には寝返りや歩行痛だけでなく、痛みを避ける姿勢に側弯(疼痛性側弯)することも多くなります。

腰椎椎間板ヘルニアになってしまったら|船橋市 i-care鍼灸整骨院グループ

急性期

坐骨神経痛が強く日常生活(前かがみや咳・くしゃみでしびれや痛みが強くなったり、歩く・座る・まっすぐ立つ・寝返りなど)が困難になるような場合が多いので、患部に熱感がある場合にはアイシングをして痛みのない体勢で安静にしていることが一番です。

コルセットや杖を使用しながら腰への負担を減らすことも大切で、さらに痛みが強い場合には鎮痛剤を服用することで1~2週間で50%、3~4週間で80%が改善するといわれています。

(※杖を使うときは痛みのないほうの手で持ち、杖→痛い側の足→痛みがない側の足の順に進みましょう)

安静にして腰への負担を減らし、鎮痛剤を1週間ほど服用しても変化がない場合には病院ではブロック注射を検討します。

手術が必要なほどの椎間板ヘルニアは数%ですが、3週以上変化がなかったり、排尿・排便障害が現れてきたら検討が必要といわれています。

少し動けるようになったら

痛みを感じない範囲でのストレッチを心がけ、筋バランスを整えてさらに痛みを改善するために下肢や腹筋などのトレーニングが必要になります。

船橋市i-care鍼灸整骨院グループでの腰椎椎間板ヘルニアに対する施術

施術方法や回復までの期間を分かりやすくご説明します

お客様のお話を伺ったうえで徒手検査を行って状態を確認し、痛みの原因や施術方法や改善までの期間など「ご納得頂けるまで・わかりやすく・ていねいに」ご説明し、お客様の不安を取り除くことから行います。
施術方法は、一人一人の症状にあわせたオーダーメイドの施術をご提案させて頂きます。
交通事故後で不調が重い場合には、整形外科での投薬等と併用しながらリハビリを行うことをご提案しています。

オリジナルの施術法とストレッチで変化を感じられます

施術写真01柔軟性が低下した筋肉をダイレクトストレッチでツボや神経の出口に刺激を入れて、しっかりゆるめることで痛みを改善します。
また、i-care鍼灸整骨院グループオリジナルの腰椎骨盤離開法で椎間を広げて椎間板を正常な状態に近づけて神経伝達を改善します。
瞬時に反応が出ることから魔法にかかったみたい』と感じるお客様の声を頂いています。

お身体にあった各種矯正で根本回復を目指します

施術写真05土台である背骨・骨盤のゆがみが大きい場合には、背骨や骨盤を正しい位置に戻して筋肉や関節にかかる負担を軽減するために、不調に合わせた各種矯正をご提案します。
 

自宅で行える簡単なストレッチ、呼吸法を指導します

施術写真04痛みを早期に取り除くためにはご自宅でのケアが必須です。
i-care鍼灸整骨院グループでは、その日の状態でできるストレッチやトレーニングをご提案していきます。
例えば、腹筋が低下から椎間板に負担がかかり症状が改善しない方には、簡単に行える呼吸法やバランス調整などでコルセットの代わりとなる筋肉(インナーマッスル)を強化するトレーニングをお教えします。

運動器機で身体を良い状態に

施術写真03最後に、ゆるやかな捻りの動きで背骨や骨盤を正しい位置に調整する運動施術機器「WAスイング」で椎間を広げて神経伝達を促進し、しびれや関節の可動域を改善して身体を良い状態に導きます。